Toggle

コーヒー

朝早く飲むといけない!?コーヒーを飲むのに適した時間とは?

03

coffeetoribia 

コーヒーにはカフェインが入っていることは知っていますよね?

カフェインには覚醒作用があり、コーヒーを飲むと目が覚めたり、頭が冴えたりする働きがあります。しかし、コーヒーを飲むと体にあまりよくない時間帯とよい時間帯があるのです。

 

朝8時〜9時の間にコーヒーを飲んではいけないの?

coffee-toribia02

 

朝8時から9時の間にコーヒーを飲むと、カフェインによる覚醒効果が期待できないだけでなく、体にカフェインに対する耐性を付けることになり、カフェイン過剰摂取の原因になるのだとか。

私は毎朝起きるとまずコーヒーを淹れて飲んでいます。実は体にあまりよくなかったんですね。

コーヒーのカフェインが効果を発揮できるかどうかは、副腎皮質から分泌される糖質コルチコイドの一種『コルチゾール』の血中濃度で決まります。朝8時から9時は、体の覚醒を促すために、コルチゾールの血中濃度がもっとも高くなる時間帯。コーヒーに含まれるカフェインの効果が最も期待できないタイムゾーンなのだそうです。

さらに、朝8時〜9時の間は体がカフェインを必要とせず、摂取しても過剰摂取になってしまい、カフェインに対する耐性を高めてしまい、カフェインの効きにくい体になってしまうんだそうです。

目覚めのコーヒーはとても美味しいのに残念です。

 

では、コーヒーはいつ飲めば体にいいのでしょう?

coffee-toribia03

 

では、いつコーヒーを飲んだらいいんでしょうか?

それは、朝9時半〜11時半の間がベストです。この時間帯は血中コルチゾールレベルが下降をしており、カフェインの効果が高まるとのことです。その他、1時半から5時までの時間帯もいいらしいですよ。

つまり、ちょっと小腹が空くぐらいの時間に飲めばいいってことですね。

もちろん、夜遅くに飲むのは寝れなくなってしまう原因になるので控えましょう。

この記事が気に入ったら
シェア&ツイートしよう

Twitter で
URL
TBURL
Return Top