Toggle

タバコ

『 サーフサイド・キューバリブレ(Surfside CUBA LIBRE)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

02

手巻きタバコ サーフサイド キューバリブレ

生産国ハンガリーのサーフサイド・キューバリブレ(シャグ)のご紹介です。

※あくまでも個人的な感想です。香りや味わいの感じ方には個人差があります。

 

『 サーフサイド・キューバリブレ(Surfside CUBA LIBRE)』の詳細

タバコ葉

手巻きタバコ サーフサイド キューバリブレ

キューバリブレとは、コーラとライムを使ったカクテルの名前です。

第二次キューバ独立戦争の時に生まれたカクテルで、キューバ・リブレとは「キューバの自由」という意味です。

タバコ葉の香りは、まさにコーラとライムの香りで、コーラの香りの方が前に出てきます。

それほど甘ったるい感じではなく、ほのかにライムの香りも感じられ、説明するのは難しいのですが、これがキューバ・リブレの香りではないでしょうか?

加湿具合は、結構乾燥していて、パラパラと少し固めです。

刻み幅は少し太めですね。

付属ペーパー

手巻きタバコ サーフサイド キューバリブレ

付属ペーパーはSilveradoのペーパーで、厚さは普通で、フリーバーニングです。

単体で売っているのは見た事がないペーパーですね。

入り数50枚入

巻いてみる

手巻きタバコ サーフサイド キューバリブレ

タバコ葉が固いので、巻いた時も固めに巻き上がります。

固めに詰めても、ドローが重くなったりすることはなさそうですね。

サーフサイド・キューバリブレの味わい

タバコ葉が乾燥気味で燃えやすいため、吸った瞬間から、ダイレクトにキューバリブレの香りがきますが、それほど強くは感じません。

とてもキレのある味わいで、ほのかな酸味と甘味があります。

乾燥しているためか、少し辛みを感じますが、これもキレのある味わいになっているのではないでしょうか。

後味はスッキリしていて、全体的に飽きのこない味わいです。

タールの重さは中間より軽めです。

 

バイオリンとブレンド

手巻きタバコ サーフサイド キューバリブレ

刻み幅は同じぐらいで、色合いはサーフサイド・キューバリブレのほうが少し薄い茶色です。

加湿具合は、サーフサイド・キューバリブレのほうが乾燥しています。

配分は、サーフサイド・キューバリブレ3:バイオリン1です。

ブレンドした味わい

サーフサイド・キューバリブレとバイオリンの香りが同時に感じられます。

コクと甘さがプラスされます。

ただ、少し味わいがケンカしてしまったような感じもしますので、バイオリンを少し減らしたほうが良かったのかもしれませんね。

後味はスッキリしていてサーフサイド・キューバリブレの良さがあります。

DigiPressセールスページあなたもViolin(バイオリン)とブレンドしてみませんか?Violin(バイオリン)詳細ページはこちら
手巻きタバコ(シャグ)やパイプタバコのブレンド用として、いつもご愛煙しているタバコにViolin(バイオリン)をブレンドすることで、独特なアロマをお楽しみ頂けます。

 

『 サーフサイド・キューバリブレ(Surfside CUBA LIBRE)』の総評

内容量

  • 20g
  • 420円
  • 1gあたり21円

味わいチャート

  • 甘味:★★★☆☆
  • 香り:★★☆☆☆
  • コク:★★☆☆☆
  • クセ:★☆☆☆☆
  • タバコ感:★★☆☆☆
  • フルーツ感:★★★☆☆
  • バイオリンとの相性:★★☆☆☆

 

サーフサイド・キューバリブレは、キューバ・リブレという、コーラとライムを使ったカクテルの香りがする手巻きタバコです。

とてもキレのある味わいで、クセもあまり感じませんし、スッキリしていて軽やかな味わいですので、初心者の方にも吸いやすいと思います。

内容量も少なめで、ペーパーが50枚ついているので、買い足さなくてもいいのでコストパフォーマンスもいいです。

手軽に買える手巻きタバコですので、吸ったことがない方は一度お試しになってはいかがでしょうか?

この記事が気に入ったら
シェア&ツイートしよう

Twitter で
URL
TBURL
Return Top