Toggle

タバコ

『 キース・ジャパンクラシック(KEITH)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

02

タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー『 キース・ジャパンクラシック(KEITH)』

生産国デンマークの手巻きタバコ(シャグ)

キースシリーズのジャパンクラシックのご紹介です。

※あくまでも個人的な感想です。香りや味わいの感じ方には個人差があります。

 

『 キース・ジャパンクラシック(KEITH)』の詳細

タバコ葉

タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー『 キース・ジャパンクラシック(KEITH)』

前回ご紹介した『キース・シガーフレーバー』 に続いて今回は、キース・ジャパンクラシックです。

タバコ葉は、封を開けた瞬間に香る独特の香り。
日本をイメージして作られたのでしょうか、言葉では表現し辛いのですが、お香のような香りです。
線香の香りなどではなく、フルーツ系やバニラ系の香りでもなく、どこか懐かしさの感じる、しいて言えば京都をイメージさせるような香りです。

刻み幅は細めで、加湿具合は中間、色合いは少し深めの茶色です。

付属ペーパー

タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー『 キース・ジャパンクラシック(KEITH)』

付属ペーパーは『キース・シガーフレーバー』 同様、MAC BARENのペーパーです。

  • 入数:50枚入
  • 燃焼速度:フリーバーニング
キース・ジャパンクラシックの味わい

タバコ葉の香り通りの独特な味わいです。このような独特な味わいは、他の手巻きタバコ(シャグ)では味わえないと思います。

程よい苦味と酸味を感じ、それでいて後味はスッキリとしています。

タール、ニコチンは少し軽めに感じます。

 

バイオリンとブレンド

タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー『 キース・ジャパンクラシック(KEITH)』

色合いはとても近く、刻み幅はキース・ジャパンクラシックの方が細いです。加湿具合は同じぐらいです。

配分は、キース・ジャパンクラシック2:バイオリン1です。

キース・ジャパンクラシックの独特な着香に埋もれてしまいそうのなので、バイオリンをいつもより多めにしました。

ブレンドした味わい

キース・ジャパンクラシックの香りが前面にありますが、苦味がまろやかになり、甘味を感じられます。

しかし、キース・ジャパンクラシックもバイオリンも個性が強いので、好き嫌いがとても分かれると思います。

DigiPressセールスページあなたもViolin(バイオリン)とブレンドしてみませんか?Violin(バイオリン)詳細ページはこちら
手巻きタバコ(シャグ)やパイプタバコのブレンド用として、いつもご愛煙しているタバコにViolin(バイオリン)をブレンドすることで、独特なアロマをお楽しみ頂けます。

 

『 キース・ジャパンクラシック(KEITH)』の総評

内容量

  • 25g
  • 620円
  • 1gあたり24.8円

味わいチャート

  • 甘味:★★☆☆☆
  • 香り:★★★★☆
  • コク:★★☆☆☆
  • クセ:★★★★★
  • タバコ感:★★☆☆☆
  • フルーツ感:★★☆☆☆
  • バイオリンとの相性:★★☆☆☆

キース・ジャパンクラシックは、日本をイメージした、どこか懐かしい独特な香りの手巻きタバコ(シャグ)です。

クセは強いですが、一度はまると抜け出せなくなりそうな、そんな味わいで、他の手巻きタバコ(シャグ)では表現できない独自の路線がキースシリーズにはあると思います。

キースの記事はこちら

この記事が気に入ったら
シェア&ツイートしよう

Twitter で
URL
TBURL
Return Top