Toggle

タバコ

『 フランドリア・ベルジック(Flandria)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

02

タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー『 フランドリア・ベルジック(Flandria)』

生産国ベルギーの手巻きタバコ(シャグ)

前回ご紹介したフランドリア・バージニアに続いて、今回は、フランドリアシリーズ最強のストロングな喫味を誇る『フランドリア・ベルジック』のご紹介です。

※あくまでも個人的な感想です。香りや味わいの感じ方には個人差があります。

 

『 フランドリア・ベルジック(Flandria)』の詳細

タバコ葉

タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー『 フランドリア・ベルジック(Flandria)』

タバコ葉の香りは、黒タバコ特有の濃厚な香りです。気持ち酸味を感じる香りもします。

色合いは濃い茶色で、刻み幅は細め、加湿具合は丁度よく加湿する必要はなさそうです。

付属ペーパー

タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー『 フランドリア・ベルジック(Flandria)』

付属ペーパーは『PAY-PAY negro』フランドリア・バージニアに付属していたペーパーと一緒のメーカーですが、なぜか入数が違いました。2種類あるんでしょうか?

素材は変わらずヘンプのペーパーです。

  • 入数:25枚入
  • 燃焼速度:フリーバーニング
  • 素材:ヘンプ
フランドリア・ベルジックの味わい

タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー『 フランドリア・ベルジック(Flandria)』

非常に濃い味わいです。

コクと苦味がガツンとくる、黒タバコらしい味わいです。

それでいて、スタッド・オートマルスムと比べると、どこか後味は意外に程よい余韻を残す感じだと思います。

タール、ニコチンは重めです。

 

バイオリンとブレンド

フランドリア バイオリン ブレンド

加湿具合は同じぐらいで、色合いはフランドリア・ベルジックの方が濃いです。

配分は、フランドリア・ベルジック3:バイオリン1です。

ブレンドした味わい

フランドリア・ベルジックのコクと苦味は健在ですが、味わいがマイルドになり、鼻から抜ける香りと後味にバイオリンの味わいが感じられます。

甘さとフルーツ感がいいアクセントになってくれて、少し味わいを変えたい時などに重宝できそうです。

DigiPressセールスページあなたもViolin(バイオリン)とブレンドしてみませんか?Violin(バイオリン)詳細ページはこちら
手巻きタバコ(シャグ)やパイプタバコのブレンド用として、いつもご愛煙しているタバコにViolin(バイオリン)をブレンドすることで、独特なアロマをお楽しみ頂けます。

 

『 フランドリア・ベルジック(Flandria)』の総評

内容量

  • 30g
  • 660円
  • 1gあたり22.0円

味わいチャート

  • 甘味:★☆☆☆☆
  • 香り:★★★★☆
  • コク:★★★★☆
  • クセ:★★★★☆
  • タバコ感:★★★★★
  • フルーツ感:☆☆☆☆☆
  • バイオリンとの相性:★★☆☆☆

フランドリア・ベルジックは手巻きタバコ(シャグ)の中でもトップクラスの濃厚な味わいを持つ黒タバコです。

普通のタバコでは物足りない方や葉巻やパイプ好きな方は非常に相性のいい商品だと思います。

肉料理や中華料理などの脂の多い食事をした後や、ウイスキーなどのお酒と合わせるのが良さそうですね。

強いクセと濃厚な味わいが特徴ですので、手巻きタバコ(シャグ)初心者の方にはオススメできませんが、手巻きタバコ(シャグ)に慣れてきた人が、一つステップアップして挑戦するのも新しい発見があるかもしれません。

フランドリアの記事はこちら

この記事が気に入ったら
シェア&ツイートしよう

Twitter で
URL
TBURL
Return Top