Toggle

タバコ

『 スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

02

『 スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

生産国ベルギーの手巻きタバコ(シャグ)『スタンレー(STANLEY)』シリーズから、スタンレー・ゴールデンリーフのご紹介です。

スタンレーシリーズはフレーバー系の手巻きタバコ(シャグ)も有名ですが、ノンフレーバーの商品も数多く販売されています。

※あくまでも個人的な感想です。香りや味わいの感じ方には個人差があります。

 

程よい酸味主体のコクと甘味と香ばしさ

『 スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

控えめなタバコ葉本来の香りで、程よい酸味主体のコクと甘味と香ばしさを感じます。

無添加系のプエブロRAWなどとは違い、どちらかと言えばチェに似ていると思います。

『 スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

色合いは、少量ライトブラウンの葉がブレンドされた、少しグレーがかったブラウンで、きめ細やかな刻み幅です。

しっとりと加湿されています。

 

付属ペーパーはスモーキング・ホワイト

『 スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

付属ペーパーは、スタンレーシリーズ共通のスモーキング・ホワイト(フリーバーニング)で、入り数は60枚入りです。

 

バージニア主体のブレンドで上品な雑味のない味わい

『 スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

ほのかな酸味とコクと甘味とほのかな苦味、バージニアの味わいだけでなく、アメリカンブレンドっぽいコクや苦味も程よく感じ、後味のバランスがとても良く、全体的に上品で雑味やクセのないスッキリとした味わいです。

喫味はやや軽めです。

 

バイオリンとブレンドするとバランスを保ちつつ芳醇な香りをプラス

『 スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

色合いは同じぐらい、刻み幅はスタンレーの方が細めです。

スタンレー・ゴールデンリーフの味わいを考え、スタンレー・ゴールデンリーフ4:バイオリン1の割合でブレンドしました。

スタンレー・ゴールデンリーフは無着香ですので、バイオリンを少量ブレンドすることで、全体の味わいのバランスをそれほど崩さず、芳醇な香りを加えることができました。

また、バージニア葉の味わいがより強調(バイオリンはバージニア主体)され、酸味と甘味が増したようにも思います。

DigiPressセールスページあなたもViolin(バイオリン)とブレンドしてみませんか?Violin(バイオリン)詳細ページはこちら
手巻きタバコ(シャグ)やパイプタバコのブレンド用として、いつもご愛煙しているタバコにViolin(バイオリン)をブレンドすることで、独特なアロマをお楽しみ頂けます。

 

スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)の総評

内容量

  • 30g
  • 690円
  • 1gあたり23.00円

味わいチャート

  • 甘味:★★★☆☆
  • 酸味:★★★☆☆
  • 苦味:★★★☆☆
  • 辛味:★★☆☆☆
  • コク:★★★
  • 強さ:★★☆☆☆
  • クセ:★☆☆☆☆
  • コストパフォーマンス:★★★☆☆
  • バイオリンとの相性:★★★☆☆

生産国ベルギー、スタンレーシリーズから発売されている、スタンレー・ゴールデンリーフ(STANLEY)は、上品で雑味やクセの少ないとてもバランスの良い味わいの手巻きタバコ(シャグ)です。

オーソドックスな味わいながら、バージニア葉の酸味や甘味もしっかりと感じることができますし、バーレーなどのタバコ葉もブレンドされているであろう味わいも感じられ、そのブレンドの構成が、スタンレー・ゴールデンリーフらしさを演出できていると思います。

スタンレーの記事はこちら

この記事が気に入ったら
シェア&ツイートしよう

Twitter で
URL
TBURL
Return Top