事業案内

インドネシア専門のタバコとコーヒーの輸入業者です

インドネシアは国土5,110kmと東西に非常に長く、また世界最多の島嶼を抱える国です。
コーヒー豆を生産できる地帯をコーヒーベルトと呼び、赤道直下の南北回帰線(北緯、南緯それぞれ25度) に位置する地域がそれにあたります。
インドネシアは国全体がコーヒーベルトに位置しており、豊かな土壌で標高の高い火山や山が数多く点在し、その中には、今現在も噴火を続けている火山や標高3000m級の高さの山もあります。
より標高が高い産地で栽培されるコーヒー豆ほど高品質と評価されており、コーヒーを栽培するのに非常に適した環境を有するインドネシアで生産されるコーヒー豆は、味わい豊かで、世界中の人々に愛飲されています。

インドネシアのコーヒー豆の生産量は約80万トン(2010年)も生産され、インドネシアを代表する産業になっています。
インドネシアで生産されているコーヒー豆は90%がロブスタ種で、アラビカ種は10%です。
アラビカ種が主に生産されているのは、標高1200mを越える産地が多く点在しているスマトラ島、スラウェシ島が中心となっております。
その中でも、インドネシアのみに特化しているからこそ輸入できる、より高品質で希少価値の高いコーヒー豆を日本の事業様に安定提供できるよう事業を行っております。

ビオソラ
BIOSOLAR
(ビオソラ)
詳細
2015年トラジャサパン
Toraja Sapan
(トラジャ・サパン)
詳細

コーヒー生豆取扱店舗一覧

インドネシア産コーヒー生豆精製方法のご案内です。
詳しくはこちら
Return Top