Toggle

タバコ

『ガンドゥン アロマ オリジナル(GANDUM)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

02

手巻きタバコ ガンドゥン

インドネシア産のガンドゥンシリーズ(シャグ)。

完全無農薬栽培の葉を長期熟成させた手巻きタバコで、天然成分の甘味成分(緑茶エキスなど)を染み込ませた『ガンドゥン アロマ オリジナル(GANDUM)』のご紹介です。

※あくまでも個人的な感想です。香りや味わいの感じ方には個人差があります。

 

『ガンドゥン アロマ オリジナル(GANDUM)』の詳細

手巻きタバコ ガンドゥン

袋を開けた瞬間に香るアジアンチックでエキゾチックな香り。バニラフレーバーとカカオエキス、緑茶エキスとあったのですが、想像していた香りとはちょっと違う。でも、いかにも甘そうな香りに違いありません。

タバコ葉は、程よい湿度でちょうどいいですね。袋にきっちり包まれており、開封前も開封後も乾燥に強そうです。

付属ペーパー

手巻きタバコ ガンドゥン

付属のペーパーは・・・? なんか大きい?

説明書きを見てみると、天然由来の甘味成分を染み込ませたペーパーで、レギュラーサイズより大きめに作られており、本来の風味を損なわないように糊面をあえて無くしているようです。

接着させずに綺麗なシルエットに仕立てるのがインドネシアスタイル。

知らなかったです。

綺麗なシルエットに仕立てるとはどうゆう意味でしょうか?

味わい

手巻きタバコ ガンドゥン

こうゆうことですね。コニカル巻き専用と言っていいほど巻きやすいです。コニカル巻きが苦手な人は是非ガンドゥンのペーパーを使ってみてください。

味わいは、想像していたほどクセはなく、スッキリした程よい甘味を感じた後に少しだけピリッとしたスパイシーさが来ます。

ペーパーにフレーバー加工されているために、煙の香りは、ガンドゥン独自の香りといった感じです。

どこか、アジアチックで、インドネシアに滞在していた時を思い出させてくれます。

 

バイオリンとブレンドしてみる

手巻きタバコ ガンドゥン

配分はガンドゥン2:バイオリン1にしました。ガンドゥンの独特なフレーバーにかき消されそうだったのでいつもより少し多めです。

同じインドネシア産ですが、色合いも香りも全然違いますね。

ブレンドして吸ってみた感想(ガンドゥンのペーパー使用)

吸ってみる前は、きっとお互いの甘味同士がケンカしてしまうだろうなと想像をしていましたが、まったくそのような事は無く、ガンドゥンの独特な香りと、バイオリンの芳醇な香りが見事に合わさり、ガンドゥンの甘味の後に来るスパイシーさが和らぎ、後味にブランデーのような芳醇な香りを残して行くようです。

手巻きタバコバイオリンあなたもViolin(バイオリン)とブレンドしてみませんか?Violin(バイオリン)詳細ページはこちら
手巻きタバコ(シャグ)やパイプタバコのブレンド用として、いつもご愛煙しているタバコにViolin(バイオリン)をブレンドすることで、独特なアロマをお楽しみ頂けます。

 

手巻きタバコ『ガンドゥン アロマ オリジナル(GANDUM)』の総評

内容量

  • 30g
  • 700円
  • 1gあたり23.33円

味わいチャート

  • 甘味:★★★★☆
  • 香り:★★★★☆
  • コク:★★☆☆☆
  • クセ:★★★★☆
  • タバコ感:★★☆☆☆
  • フルーツ感:★☆☆☆☆
  • バイオリンとの相性:★★★★☆

ガンドゥン アロマ オリジナルのタバコ葉の香りはクセが強いですが、吸ってみると思ったよりスッキリした味わいで、好きな人はとことん好きになりそうな味わいです。また、ペーパーにも独自性があり、とても面白いです。

ガンドゥンは洗浄や加湿する水にもこだわっているようで、スッキリした味わいには、この水へのこだわりが作用しているのかもしれません。

次は、ガンドゥン・クローブも味わってみたいですね。インドネシアと言ったらクローブですから、どんな味や香りなのか是非試したいです。

ガンドゥンの記事はこちら

商品購入店舗様はシリウスタバコ庄内店様です

シリウスタバコ庄内店

取扱商品   

詳しくはこちら

この記事が気に入ったら
シェア&ツイートしよう

Twitter で
URL
TBURL
Return Top