Toggle

タバコ

『 チェ・シャグ・ブルー(che shag Blue)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

02

che-b01

原産国ルクセンブルクの手巻きタバコ『che(チェ)』シリーズから発売された『チェ・シャグ・ブルー(che shag Blue)』のご紹介をします。

※あくまでも個人的な感想です。香りや味わいの感じ方には個人差があります。

 

濃厚な独特の燻された香りに包まれたビターな味わいを連想させるタバコ葉

che-b02

封を開ける前から燻された香りを感じます。

黒タバコという位置付けだけあって、ハーフスワレと名前がついている商品よりも強く、濃厚で燻された香りを感じ、ビターなコクや苦味を連想させます。

che-b03

刻み幅は中間ほどで、茎も少なくとても綺麗なタバコ葉です。

色合いは、黒に近いダークブラウンで少量だけライトブランの葉がブレンドされています。

程よく加湿されており、ふんわりとしています。

 

付属ペーパーはチェ・シャグ(che・shag)シリーズ共通のRebelのスローバーニング

『 チェ・シャグ・ブルー(CHE)』タバコ輸入業者がオススメする手巻きタバコ(シャグ)レビュー

付属しているペーパーは、チェ・シャグ(che・shag)シリーズ共通の赤いパッケージが特徴的なRebelのスローバーニングのペーパーが付属しています。

入り数は50枚入りです。

 

濃厚でありながら意外にもスッキリした後味

che-b05

タバコ葉の香りで感じた通り、ビターな甘味とコクと苦味がしっかりしていますが、立ち上る煙と後味に感じる程よい酸味が、意外にもスッキリした印象を残します。

濃厚な味わいではあるのですが、最大に喫味が強い!というほどではなく、星4つほどであると感じます。

チェ・シルバーチェ(赤)と比べると明確に味わいが分類されていますし、クセの部分も強いと思います。

 

バイオリンとブレンドするとまろやかな甘味とコクと苦味

che-b06

色合いはチェ・シャグ・ブルーの方が濃く刻み幅は細めです。

チェ・シャグ・ブルーの味わいと香りを考え、チェ・シャグ・ブルー3:バイオリン1の割合でブレンドしました。

コクと苦味は残しつつ、ビターな甘味がまろやかになります。

また、全体的に酸味が強調され、後味に濃厚なバイオリンの香りを残します。

DigiPressセールスページあなたもViolin(バイオリン)とブレンドしてみませんか?Violin(バイオリン)詳細ページはこちら
手巻きタバコ(シャグ)やパイプタバコのブレンド用として、いつもご愛煙しているタバコにViolin(バイオリン)をブレンドすることで、独特なアロマをお楽しみ頂けます。

 

チェ・シャグ・ブルー(che shag Blue)の総評

内容量

  • 25g
  • 550円
  • 1gあたり22.0円

味わいチャート

  • 甘味:★★★☆☆
  • 酸味:★★☆☆☆
  • 苦味:★★★★★
  • 辛味:★★★☆☆
  • コク:★★★★★
  • 強さ:★★★★☆
  • クセ:★★★★☆
  • コストパフォーマンス:★★★★★
  • バイオリンとの相性:★★★☆☆

チェ・シャグ・ブルー(che shag Blue)は、大人気チェ・シリーズから新たに発売された手巻きタバコ(シャグ)です。

これまで販売されていたチェ・シャグとは違い、濃厚で独特の香りと味わいがあります。

それでも上質なタバコ葉でコストパフォーマンスも高いのは共通していて、黒タバコやハーフスワレの味わいが好きな方にはうってつけの商品だと思います。

また、内容量も25gと少なめに設定されていますので、初めて黒タバコやハーフスワレの手巻きタバコ(シャグ)に挑戦しようと思っている方にもオススメの商品です。

チェの記事はこちら

この記事が気に入ったら
シェア&ツイートしよう

Twitter で
URL
TBURL
Return Top